MENU

男のニードル脱毛費用料金負担について

安い,激安

プローブという細い針を毛穴に挿入して微弱な電流を流して、発毛組織を電気の熱によって凝固させる処理法です。

レーザーが脱毛目的で使用される前は、この方法が主流でした。

エステ、医療機関ともにニードルで処理をしていましたが、医療機関が麻酔で痛みを軽減できるのに比べ、エステでは医療行為が出来ないために痛みに対する苦痛が両者の違いとなっていました。

男のニードル脱毛のメリットは、一本ずつ確実に脱毛処理をするために、一度処理した毛根からの再生が極めてしにくい永久脱毛性が高いということです。

また、一本ずつ処理するために、間引き脱毛など、デザイン的、部分的な脱毛に適しているともいえます。

私が思う最大のメリットは、黒以外の毛、例えば白髪やブラウン、金髪などでも毛質や色を選ばずに脱毛できることです。

産毛などの脱毛でも優位性を発揮すると思います。

肌の色も選ばないために日焼けしていても脱毛処理が出来ます。

現在はニードルを扱っているエステやクリニックはかなり少なくなってきましたが、それでもエステ大手のところではニードルを採用しています。

医療機関で男のニードル脱毛をやる場合は希望すれば麻酔をかけてもらう事も可能です。

これはその医療機関によって変わってくるので一概には言えませんが、基本的には麻酔は可能です。

麻酔の種類にもよりますが、痛みは当然軽減されます。

しかし、他の脱毛法であるフラッシュ脱毛やレーザー脱毛に比べて、同じ部位を脱毛処理する場合の施術時間は数倍から数十倍かかるので、その分麻酔等の費用、料金や負担は増えてしまいます。

また、現時点で男のニードル脱毛を施術している医療機関はあまり見当たりません。

あったとしても医療レーザー脱毛の補助的な役割としての施術のようで、麻酔をしてフルに脱毛をしてくれる医療機関を探すのは大変かもしれません。

医療機関が男のニードル脱毛をやらなくなったのは、上記の様な理由からで、費用、料金的に考えて常時男のニードル脱毛の技術者を常駐させることにはメリットが少なくなりました。

それほど現在の医療レーザーやIPL脱毛は進歩しているとも言えます。

述べたように、毛の色や毛質を選ばないので、そういう点ではまだまだニーズがあるのかもしれません。

欧州や米国などで少なからずニードルが支持されているのかは興味深いところです。

日本人の毛は黒が大半なので、享受できるメリットが意外と少ない様に感じます。

しかし、まだまだ費用や料金はかかっても人気な施術、試す価値はあります。

>>男の永久脱毛ができる店

NO1 ゴリラクリニック

NO2 メンズTBC

NO3 リンクス

ゴリラクリニック

脱毛クリニックだから安心!

メンズTBC

男のニードル脱毛痛くない

リンクス

男性専門メンズ脱毛エステ